効果的に使うために

バイエルンエッジを効果的に使うためには、刃の状態に合わせて研ぎ方を変えることが大事になります。バイエルンエッジには『粗研ぎ』『細研ぎ』『仕上げ研磨』という3つの研ぎ方があるので、刃の状態に合わせて使い分けをしましょう。

 

 

『粗研ぎ』は刃先を下に向けて引き抜くやり方で、摩耗の多い刃を研ぐときにおすすめ。長い間包丁を研いでいなかったり、切れ味が悪い包丁はまず『粗研ぎ』をしてみてください。

 

大抵の包丁はこれで切れ味が戻ってきますが、もし戻らない場合は包丁を交換する時期という判断もできますから、まずは『粗研ぎ』をして包丁を状態を確認してみましょう。

 

 

続いて『細研ぎ』ですが、刃先を上に向けて引き抜くやり方で、毎日のメンテナンスにおすすめ。『粗研ぎ』をして、切れ味が戻った包丁で食材を切った後、その切れ味を維持するために使ってみてください。

 

毎日包丁を研ぐのは面倒ではありますが、バイエルンエッジのようにキッチンに出しっぱなしでよかったり、5回前後研ぐだけでいいと考えれば手間はかかりませんから、毎日やっても面倒には感じないと思いますよ。

 

最後は『仕上げ研磨』ですが、刃を水平にして前後に動かします。磨いて滑らかな状態へとしてくれるので、切り口なども美しくなります。

 

キレイに盛り付けたい料理があるときなどは『仕上げ研磨』までしてから使うと効果的ですね。

刃の種類を選ばないのが魅力!

バイエルンエッジは『粗研ぎ』『細研ぎ』『仕上げ研磨』の3段階のやり方で研ぐことができます。3種類の研ぎ方ができるシャープナーは珍しいですから、状況に合わせて使ってみてほしいのですが、実はバイエルンエッジの魅力は他にもあるのですよ。

 

その魅力というのが『刃の種類を選ばない』ということ。

 

 

一般的なシャープナーは両刃の包丁のみを研ぐことができます。それは普通家庭で使っている包丁は両刃になっているから。

 

ですが、包丁の種類によっては片刃のものもあり、片刃の場合は専用のシャープナーを使う必要がありました。

 

 

けれども、バイエルンエッジは特殊なスプリングシャープナー構造をしているので、両刃でも片刃でも関係なく研ぐことが可能。これは数あるシャープナーの中でもかなり珍しいタイプになりますよ。

 

 

バイエルンエッジは他のシャープナーと比較すると価格が高くなっていますが、それはただ切れ味を良くしてれるというだけでなく、研ぎ方が複数個あったり、刃の種類を選ばなかったり、そういった魅力があるからなのですね。

 

 

>>まだまだある!バイエルンエッジの魅力を詳しく見てみる!

バイエルンエッジ正規販売ページ:ダイレクトテレショップ公式通販サイト